North Ryde

オーストラリア大陸まるまるがオーストラリアという国なので、広大な大地です。その総面積は769万平方キロメートルと言われています。正式には「オーストラリア連邦」と呼ばれていて、6つの州と準州と首都(キャンベラ、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、サウスオーストラリア州、西オーストラリア州、ノーザンテリトリー、タスマニア州)に分かれています。

公用語は英語ですが、移民の国でもあるので多種多様な人種・民族グループがあり、それぞれ違う言語が話されています。中でも中国とイタリア系の移民が多く、中国語、イタリア語を話す方は一定数いるようです。現地アボリジニ系の言語は植民地政策の過程の中で消えていき、今では消滅の危機にあります。

冒頭で述べたように、オーストラリア自体がとても大きいので、気候もそれぞれで違ってきます。大きく分けると南側は比較的四季があり、涼しい冬の時期もあります。ビクトリア州やタスマニア州などでは雪が降ることもあるのですが、北部の州の亜熱帯に近い地域では年間を通して温暖です。オーストラリアといえば乾いた砂漠を想像しますが、それもそのはず。年間降水量は600mm未満の地域も多いですから納得でしょう。南半球に位置するので、日本とは四季が反対です。日本の寒い冬が苦手な方は、オーストラリアに行けば夏になるので特別感を味わえます。

治安はかなり良く、都心の夜のクラブなど一部の危険な場所を除けば、治安の良い国です。ただし慣れない海外では安心せず、自分の荷物を置き去りにしたり、深夜に女性一人で外出したりということは避けましょう。

オーストラリアの民泊情報
オーストラリアのホームアウェイのバケーションレンタルでは、アパートから貸し切りの豪華な一軒家まで、数え切れないほどたくさんの民泊の案件が取り上げられています。オーストラリアの民泊の特徴として敷地面積が広く、一件一件が大きいので広々とした開放的で綺麗な家が多いのが特徴です。バケーションレンタルのオープンな家で暮らせば、日頃のストレスも解消されるでしょう。

オーストラリアの代表的な観光スポットとは?
オーストラリアは世界遺産の宝庫です。ウルルやグレートバリアリーフ、オペラハウスなどはもちろん、白く輝く美しいビーチが全土に無数にあります。そこでのマリンスポーツも盛んなので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

オーストラリアの移動手段
短期滞在であれば、基本的にはバスがオススメです。メルボルン、パースなどの都市であれば無料シャトルバスも出ているので非常に移動が楽です。各都市から地方への長距離バスも出ているので利用しましょう。レンタカーを借りれば行動範囲が一気に増え、楽しみも倍増すること間違いなしです。長期滞在であれば、中古車の購入も検討してもいいかもしれません。日本では考えられないくらい安く中古車が売買されているので、この土地に慣れている人、英語が堪能な人であればオススメです。

オーストラリア出発前の準備として
まず、オーストラリアのどこにいくかを決めておきましょう。初めての海外だから都心を選ぶならシドニー、美しいビーチサイドで過ごしたいのならゴールドコースト、世界で一番住みやすい都市といわれるメルボルン、そして一番美しい都市といわれるパースなど、まず漠然でもいいのでご自身で旅のイメージを決めて、出発前にまずオーストラリアの宿泊先を予約しましょう。バケーションレンタル数はたくさんあるので好みのホストが見つかるはずです。

オーストラリアの食事やマナー
移民の国でもあるので、さまざまな料理が楽しめます。食べたいものがないということは、おそらくないでしょう。オーストラリア独特のバーベキューの文化もあるので、ステイ先で楽しめるかどうか確認しておきましょう。カンガルーの肉もオーストラリアでは食べる習慣があるので、ぜひトライしてみてください。必要最低限の常識を守って食事をすれば、マナーなどは特にありません。

検索より効率いい? 一括問い合わせを発信しよう!