クタ

Tuban

クタの概要
バリ島南部に位置するビーチリゾート、クタ。静かな漁村であったクタは、1960 年代後半から美しい夕日とインド洋の豪快な波を求めてヒッピーやサーファーが集まるようになったことで観光地化が進み、国内外から観光客が集まる島随一の繁華街となりました。レストランやショッピングモールのほか、バーやクラブなどのナイトスポットも充実しています。


クタの見どころ
バリ島で最も人気のビーチといえば、クタビーチ。サーフィンのメッカとして知られ、世界中からサーファーが集まります。一番有名なサーフポイントは、ビーチ中央あたりのハーフウェイ。ビーチブレイク (海底が砂のポイント) なので初心者にもおすすめです。ビーチではサーフボードをレンタルできるほか、夕暮れ時には美しい夕日を眺めることも。ビーチを満喫した後は、クタのメインストリート、レギャン通りへ。レストラン、カフェ、ショップ、バー、クラブなどが軒を連ね、深夜まで観光客で賑わいます。また、バリ島きってのショッピングスポットでもあるクタには、大型ショッピングモールが集まっています。なかでも人気なのが、クタビーチに隣接するディスカバリー モール。サーフショップやファッションブティック、お土産コーナーをはじめ、地下には日本のデパート SOGO もあります。ビーチに面したカフェやレストランは、目の前に広がる絶景を眺めながら休憩するのにぴったりです。バリ島で唯一の大型免税店、Tギャレリア バリもチェックしておきたいスポットの一つ。夜 10 時まで営業しているので、ゆっくりショッピングを満喫できます。


クタでの宿泊先
クタでお得に滞在するなら、バケーションレンタルがおすすめ。ホテルよりも手頃な価格で広々とした部屋に滞在できるほか、プライベートな空間で、まるで暮らしているかのような気分が味わえるのも魅力です。クタの民泊施設には、キッチンなどの設備が充実したアパートメントから、まるごと貸切可能な一軒家、プール付きの豪華なヴィラまであり、団体旅行や家族旅行にもぴったり。クタのゲストハウスや部屋レンタルをお探しの方におすすめのエリアは、ビーチの徒歩圏内。クタには 1 泊 1,000 円代で宿泊できる格安アパートメントや民宿 (B&B) もあります。相部屋のドミトリールームなら1,000 円以下で泊まれる場合も。ホームステイ感覚で長期滞在することも可能です。


クタでの移動手段
バリ島内の見どころを結ぶ KURA-KURA BUS (クラクラバス) の利用が便利。クタ、レギャン、スミニャックエリアを南周りで走るクタ線の乗車料金は 20,000 ルピーです。