Akihabara

Akihabara

東京は日本における47都道府県の1つであり、人口は1363万人(2016年10月)で、都道府県の中で最も人口が多いことで知られています。日本の首都であり、政治および産業の中心です。1943年、第二次世界大戦下において戦時体制を強めるため東京府、東京市が廃止され東京都制が施行されたのが東京都の始まりです。
東京には、最先端のトレンドを発信する話題のスポットや、豊富なファッションエリア、また下町の伝統的な街並みなどがあるので多彩な楽しみ方ができます。

東京の民泊情報
ホームアウェイでは東京内にある新宿区、渋谷区、目黒区を中心に約1500件の民泊案件があります。主な観光スポットは上記のエリアに多くあり、また、その他の観光地からのアクセスの良さもおすすめのポイントです。東京の民泊は品川や赤坂といったビジネス街にも点在しているので、仕事の際にも是非ご活用ください。

東京の代表的な観光スポットとは?
東京で下町の雰囲気が味わいたいなら、墨田区がおすすめです。墨田区にもバケーションレンタル案件があり、観光を満喫できます。近年観光地として有名になった東京スカイツリーもその一つです。ギネス世界記録™に認定された高さ634mの世界一高いタワーで、関東一円を見渡せます。観光地として有名な浅草では、雷門と浅草寺が昔からのランドマークです。仲見世をはじめとした商店街で食べ歩きをしたり、人力車に乗って観光スポットを巡ったり、夏には日本を代表する花火大会の1つである隅田川花火大会も楽しむことができます。
若者の最先端のカルチャーを発信し続ける原宿は、休日には日本や海外からの観光客で大人気のスポットです。東京で有数のバケーションレンタル数を誇る渋谷から、歩いて原宿に行くことも可能です。竹下通りにはクレープをはじめとしたスイーツのお店や、ファッション雑貨のお店が所狭しに密集しており、人気店では長蛇の列が見られるので一度並んでみてはいかがでしょうか。
原宿から徒歩圏内に、広大な土地と緑の木々があふれる代々木公園があり、週末には都会の喧騒を忘れてリラックスしたい人や、子供連れの家族が遊びに来ます。
レインボーブリッジやフジテレビなどの有名な建物が点在するお台場は、カップルに人気のスポットです。昼間はショッピングセンターで買い物をして、夜景を見ながらお台場海浜公園を歩くのもいいでしょう。またゆりかもめや水上バスといった、いつもと少し違う非日常的な交通手段で、東京湾の景色を楽しむのも魅力の1つです。

東京での交通手段
東京の主な観光地へは、ほとんどが電車でアクセスすることができます。一日乗車券などのサービスもあり観光には便利ですが、電車の乗り換えは路線が多いので、迷ってしまいがちです。少しでも迷ったらすぐに駅員さんに確認しましょう。また浅草からお台場間では、水上バスで景観を楽しみながら移動することができます。上野と錦糸町から、浅草やスカイツリーなどの有名な観光名所を結ぶ便利な観光路線バスもありますので、訪れたい観光地ごとに適切な交通手段を使い分けましょう。

東京出発前の準備として
まずは行きたい観光地を決め、交通手段を調べてから民泊案件を探すとよいでしょう。幸いなことに東京は公共交通が発達しており、どこに滞在しても主要エリアにアクセスがしやすい環境にあります。滞在期間が長く、いろいろな観光地を回りたいなら、700件近くの民泊案件があり、アクセスの良い新宿エリアがおすすめです。墨田・押上などの観光地を回りたいなら浅草周辺が良いでしょう。また、原宿、表参道、代官山、青山などのショッピングエリアを楽しみたいなら渋谷区が便利です。仕事での長期滞在の場合でも、安心して泊まれるリーズナブルな民泊は東京にたくさんあるので、是非チェックしてみてください。

東京料理を食べる
東京では様々な地方の料理が楽しめますが、東京独自の料理といえば、月島のもんじゃでしょう。「月島もんじゃストリート」と呼ばれる約500mの通りには、もんじゃ焼きのお店が80店舗以上並びます。下町の雰囲気があふれる通りには個性豊かなもんじゃが多く、味だけではなく観光地としても楽しめるのでおすすめです。